石油、米国の生産はすぐには立ち上がらないため



石油、米国の生産はすぐには立ち上がらないため

米国の石油生産はどうですか:事実、数値、分析、シナリオ

生産削減から大量解雇、一連の破産まで、米国の石油産業は今年のトラウマにもかかわらず、債務救済よりも生産を優先したいという多くの生産者が言っています。少なくともダラス連邦準備銀行が発表した最新のエネルギー調査によると。

運営会社のコース変更

ブルームバーグによれば、最終的にメッセージを受け取ったシェールセクターの幹部による投資家への繰り返しの保証とは全く対照的であるという事実:そしてそれは、一定の成長のために何年もの負債と現金が「燃やされた」後、彼らは、株主還元の増加と財務バランスの強化に注力しています。

FRBの四半期調査がオイルについて語ったこと

ダラスFRBの四半期調査では、米国の石油が実際に新しい掘削の原動力となる価格を108社に尋ねました。そして、回答に基づいて、大多数、約43%は、このレベルは1バレルあたり51〜55ドルで、価格が現在上昇している39ドルをはるかに上回るべきであると答えました。

調査した幹部の66%が米国の製造業がピークに達したとさえ信じているとロイターは報告しました。

生産のメンテナンス主な目的は過去より少ない

だけでなく。今後6か月間での主な目標が8つの選択肢であると答えた回答者の最大のシェアである19%は、安定した生産を維持したいと答え、16%は生産量を増やしたいと述べ、さらに16%債務救済を優先しました。しかし、ダラス連邦準備制度が指摘したように、これは製造業の成長に明確な利点を示した2018年の調査からの明確な変更です。

今年の初めに生産のトップにある米国

米国の生産量は、今年の初めに1日あたり約1,300万バレルという史上最高を記録しました。現在、世界的な需要を大幅に削減したCovidの危機後、1日1100万バレルをはるかに下回っています。同社のエネルギー予測によると、今年の初め、BPは2025年までパンデミックにより1日あたり300万バレルの需要を削減し、2019年から2050年のピーク需要を予測すると発表しました。


これは、Sun, 27 Sep 2020 14:53:38 +0000 の https://www.startmag.it/energia/petrolio-perche-la-produzione-usa-non-zampillera-a-breve/Start Magazine に公開された記事の自動翻訳です。