イタリアはヨーロッパを信じていません(そしてそれは往復します)。異なる人々、異なる目標、異なる恐れ



Canale Sovranistaによる優れた記事は、最新のEurobarometer調査を繰り返しています。これはヨーロッパの団体であるため、ユーロに熱狂する傾向があります。調査は7月から8月に行われるため、比較的最近の調査であり、政治に取り組みたい人は結果を十分に調査する必要があります。

まず、ヨーロッパ人が欧州連合を信頼していることを自問することから始めましょう。結果は次のとおりです。

イタリア人の28%だけが連合を信頼していますが、61%は連合を信頼していません。市民の28%がEUを信じていないのに対し、71%が信じているアイルランドのような小さな国で起こっていることとは正反対です。連合を信じる最初の4つの州は小さな国ですが、最後の2つの州は、ヨーロッパ経済共同体の創設者であるイタリアとフランスです。

イタリア人は欧州連合の市民のように感じますか?

ほとんどの場合、イタリア人は自分たちが連合の市民であるとは感じておらず、48%だけが「ヨーロッパ市民」であると感じており、51%はそうではありません。それどころか、アイルランド人とルクセンブルグ人は彼らがヨーロッパ市民であると感じています。

そして、彼らは欧州連合の民主的な機能についてどう思いますか?

イタリア人の45%によると、連合は民主的な構造ではありませんが、デンマーク人とポーランド人の71%は同じ考えを持っています。 52%は、それが民主的な構造ではないと明確に考えています。より悪い結果はフランス(43%)とギリシャ(34%)であり、後者はヨーロッパのトロイカの喜びを経験し、その懐疑論は完全に正当化されています。連合における民主主義への信頼は、母国における政府の一般的な代表と民主主義のレベルにも大きく依存していることに気付くかもしれません。マクロン政権はフランスの歴史の中で最も人気のないものの1つであり、メディアはコンテの人気について真剣な調査を行うことを慎重に避け、すべてをカサリーノの想像力に任せていることを私たちはよく知っています。

あなたの意見では、ヨーロッパ人が基本的なニーズであると感じているものを満たすための政策は可能ですか?

答えは簡単です:いいえ。ドイツ人、スウェーデン人、デンマーク人の優先順位は環境に関連しており、イタリア人の優先順位は経済に、フランス人の優先順位は失業に関連しています。逆説的に、一般的なイタリアとフランスの政策は可能であり、最終的には経済成長は雇用の増加につながりますが、北欧諸国のそれにはリンクされていません。どの分野でも結果を追求しません。

イタリアは非常にユーロセプティックであり、ユーロを信じられないほどであり、連合を友人としても、援助としても、民主的な建設としても見ていません。同時に、ドイツの新聞を読むと、地中海諸国に対する微妙な軽蔑は見られません。イタリア人は連合を好きではなく、実際には彼らは完全に往復運動をしています。これは、機関の主要な地点にイタリア人がいないことからも明らかです(つまり重要なイタリア人)。私たちはブリュッセルのゲストであり、歓迎されているとさえ感じていません。なぜそこに留まり続けるべきなのかは明らかではありません。


電報
テレグラムチャネルのおかげで、経済シナリオの新しい記事の公開に関する最新情報を入手できます。

今すぐ登録⇐


記事イタリアはヨーロッパを信じていません(そして往復しています)。さまざまな人々、さまざまな目的、さまざまな恐れScenariEconomici.itから来ています。


これは、Sat, 24 Oct 2020 16:48:12 +0000 の https://scenarieconomici.it/litalia-non-crede-nelleuropa-e-ne-e-ricambiata-popoli-diversi-obiettivi-diversi-paure-diverse/Scenari Economici に公開された記事の自動翻訳です。