ニジェール、フランスのオラノからウラン採掘許可を撤回



ウラン採掘

ニジェール軍当局がフランスのオラノ社から大規模ウラン鉱山の操業許可を取り消し、軍事政権と同国の旧宗主国との間の緊張が大幅に高まったと同社は発表した。このニュースはワシントン・ポスト紙によって発表された。

ニジェールは人口2,600万人の内陸国で、兵器や原子力の生産に使用されるウランの世界第7位の供給国である。欧州連合原子力エネルギー庁によると、2022年に同国は欧州連合で使用されるウランの4分の1以上を供給し、カザフスタンに次ぐ第2位のウラン供給源となった。

昨年の軍事クーデターが起きるまで、ニジェールは、暴力的過激主義のホットスポットとなっているサハラ砂漠南部の広大な地域であるサヘル地域における西側諸国の主要な経済・安全保障パートナーであった。しかし、西側諸国との関係断絶を公約に掲げて政権を握った軍事政権は、国内の鉱山利権を見直すと明言し、西側軍の撤退を命じた。

国別のウラン埋蔵量

国の北部にあるイモウラレン鉱山は世界最大のウラン鉱床の一つで、埋蔵量は 20 万トンと推定されています。採掘活動は2015年に開始される予定だったが、2011年の日本の福島原発事故を受けてウラン価格が暴落したため、生産は停止された。

ナイジェリア軍事政権による木曜日の決定は、「表明された期待に従って現場での活動が再開されたにもかかわらず」行われたと同社は声明で述べた。

同氏は先週木曜日、「ウラン価格の好ましい上昇を伴う現在の市場状況により、イモウラレンの試運転を再度検討することが可能だ」と述べた。同施設は今月初めに再開したと付け加えた。

AP通信が確認したところ、ナイジェリア鉱業省は6月20日付の書簡で同社に宛てた書簡で、同社の採掘計画は「我々の期待を満たしていなかった」としている。その結果、鉱山は「公有地に戻され」、すべての契約上の権利が免除されたと書簡には書かれている。

しかし、選択の根底には政治的な要素があることは明らかである。6月初旬、オランのロシア・ロスアトムがニジェールでのフランスの鉱山活動を引き継ぐという提案のニュースが広まった。この時点で、おそらく友好的な申し出であった可能性が義務となり、フランスは活動の放棄を余儀なくされる。

パリはアフリカで失われた物資を新たな貿易協定で代替するため、すでに中央アジアに移転している。

ニジェールで50年以上事業を展開しているオラノは、常に「パートナーシップと透明性という責任あるアプローチを貫き、ニジェール州および地元の利害関係者と継続的に協議して行動している」と述べた。

同社は、ナイジェリア軍事政権との「すべてのコミュニケーションチャンネルをオープンにしておくつもり」だと述べたが、許可取り消しの決定に対して国内または国際裁判所で異議を申し立てる権利は留保したと述べた。


電報
Telegram チャンネルのおかげで、新しい経済シナリオ記事の発行に関する最新情報を入手できます。

今すぐ登録 ⇐


マインド

ニジェールがフランスのオランからウラン採掘の許可を撤回したという記事は、シナリオ・エコノミーから来ています。


これは、Sun, 23 Jun 2024 08:00:42 +0000 の https://scenarieconomici.it/il-niger-ritira-il-permesso-di-estrarre-uranio-alla-francese-orano/Scenari Economici に公開された記事の自動翻訳です。