希望省



Covid-19が私たちの視界から、そして私たちの肺から消えた場合、スペランザ大臣の本が書店から消えたのと同じ速度で、小文字の希望はすぐに最も実践された美徳のリストのトップに戻ります。私たちは何について話していますか?つぼみで切り落とされた意欲的なベストセラーの:私たちの計り知れない(コロナウイルスとの戦いにおけるその効果が計り知れないという意味で)保健大臣のエッセイ。誰が-一部は残念ながら、一部はバッグに入れていないのに猫とは言わないために-「なぜ私たちは癒されるのか」という示唆的なタイトルで流行に関するテキストを書く時間を見つけました。それ自体-それは不快感なしに言わなければならない-は不運をもたらす。

実際、彼は私たち全員が病気であると想定しています。そうでなければ、なぜ私たちが「癒す」のかを私たちに説明する必要があるでしょうか?いずれにせよ、私たちのものは一流のボリュームの販売をブロックするのに適していると考えています。今日、彼はCovid-19との戦いで忙しくて、Covid-19をどのように倒したかを説明する本を提示することができません。おそらく、正しいタイトルは「有名な最後の言葉...」だったかもしれませんが、今では印刷されており、修正することはできません。しかし、大臣はまだいくつかの章を追加することができます。たとえば、(この呪われた伝染の理由で)少数の罵倒された「否定者」と多数の称賛に値するパニックの両方によって共有された統合に到達することが可能であるという事実に関するもの。

中国からのウイルスとの10ヶ月の生活の中で学んだことが一つあるとすれば、それは個人の健康にも集団の健康にもストレスを与えないということです。それは健康システムにストレスをかけます。なぜなら、不必要な不正確さを除けば、この病気は感染した人々の特定の割合に集中的なケアを強いるからです。これらの貧しいキリストが人工呼吸に向けられた(少なすぎる)数のベッド(5000かそこら)を飽和させなかった場合、政治的およびメディアのあらゆるレベルで現在広まっているヒステリーの痕跡はないので安心してください。

ひどい問題は、「病気の」曲線が特定の臨界しきい値を超えるとすぐにシステムが混乱することです。その時点で、医療施設はケアの需要に比べて小さすぎるために爆発します。市場の論理と競争力に取りつかれている世界では、最も人気のある病気が「需要」と「供給」の概念に関係していることはおそらく正しいです-それを強調するのは皮肉なことですが-。厳粛さの急激な変化によってあまりにも早く切り取られる権利の潜在的な消費者が多すぎる:憲法第32条。

ここで、スペランザは彼の次の「小説」について真剣に考えるためにここから始めることができます。彼が演じる党が過去10年間の私たちの健康システムの「節約」の主な責任であるという事実から。 Gimbe Foundationの第4のレポートによると、NHSの満たされていない「必要性」2010-2019が何であるかを知っていますか? 370億で。そして、ESMのホルターローンはどのくらい「シェア」しますか? 370億。致命的ですよね?明らかに、それはクソの偶然です。

それでも、lorsignoriが近年汚い義務を果たしていたとしたら、MESのように、それ自体がマゾヒスティックな解決策に訴える必要すらありません。そして、「彼らの義務」とは、銀行、市場、ブリュッセルの優先事項ではなく、公務の優先事項について考えることを意味します。しかし、実際には、ますます悪化しています。過去10年間ではなく、過去6か月間に、彼らが遊ぶ代わりに、クリティカルケアの場所とそれらを機能させるために必要な医師と看護師の3〜4倍を実装した場合「StatesGeneral」と車輪付きベンチを備えた運河のスプリッツ-今日、私たちの昼と夜の生活の部分的または全体的な閉塞の可能性は初期ではありませんが、これからたくさんあります。

結論として、私たちは共和国の大臣の次の編集努力に提案するタイトルを持っています:「たちはどのように癒すか」。しかし、Covidからではなく、何百万人ものイタリア人が故人の相続人に投票し続け、決して後悔しないPCIをもたらした邪悪な無知と盲目からです。作品が何百万部も売れたら、私たちはもはや希望を持っていません。唯一の希望。世界にすべての違いをもたらす「小さな」革命。

フランチェスコ・カラロ

www.francescocarraro.com


電報
テレグラムチャネルのおかげで、経済シナリオの新しい記事の公開に関する最新情報を入手できます。

今すぐ登録⇐


希望省の記事はScenariEconomici.itから来ています。


これは、Sat, 24 Oct 2020 13:43:03 +0000 の https://scenarieconomici.it/il-ministero-della-speranza/Scenari Economici に公開された記事の自動翻訳です。