30%は、メディアと当事者の単一の考えに反抗する勇気を持っていました。私たちは独裁政権に反対してこれから始めなければなりません



RadioRadioでのFabio Durantiによる叙情的なスピーチ。国民投票でYESと投票した人は、メディアから長年にわたって伝えられてきた単一の思想のしもべであり、徐々に屈辱的でデベースした民主的表現であるため、許される必要があります。重大な間違いですが、再教育から、意識の創造から、そして間違いの例示から、もう一度やり直す必要があります。それをカトリックの方法で表現するには、罪を非難し、罪を犯すのではなく、それを広めたメディアの政治的悪魔を非難しなければなりません。個人的には、私たちの愛国的な祖先が最初に、次に社会主義者が、国や社会の要求、長年の苦痛、非難、放浪を課すために苦しんだ何十年もの説教と苦しみを思い浮かべます。

ですから、賛成票を投じた70%にそれほど落胆することはありませんが、反対票を投じた30%は幸せです。


電報
テレグラムチャネルのおかげで、経済シナリオの新しい記事の発行に関する最新情報を入手できます。

今すぐ登録⇐


記事A 30%には、メディアやパーティーのユニークな考えに反抗する勇気がありました。私たちは独裁政権に対してこれから出発しなければなりませんScenariEconomici.itから来ています。


これは、Tue, 22 Sep 2020 20:23:11 +0000 の https://scenarieconomici.it/un-30-ha-avuto-il-coraggio-di-ribellarsi-al-pensiero-unico-di-media-e-partiti-bisogna-iniziare-da-questo-contro-la-dittatura/Scenari Economici に公開された記事の自動翻訳です。